線維筋痛症友の会 JFSA
他の疾患について
慢性疲労症候群(CFS)とは?
慢性疲労症候群(CFS)は、日常生活に支障をきたす程の病的な疲労倦怠感に悩まされる病気で、小児〜成人まで幅広い年齢層で発症。免疫性の疾患では膠原病、心の病気では鬱や自律神経失調症などと、色々な分野の数々の病気と症状がダブる部分が多くとても鑑別しにくい病気です。しかし、厚生労働省の診断基準がありこれによって診断されます。尚、最低要件としては「他の病気による物で無い事」、「6ヶ月以上にわたる症状の持続」などが挙げられます。
主な症状としては、倦怠感(常に重りを背負っている様な体のだるさがあり、酷くなると起き上がれなくなります)、激しい疲労感、動いた後1日以上疲労感が残る、微熱、リンパ腺の腫れや痛み、頭痛、喉の腫れや痛み、関節痛、筋力低下、思考力・集中力の低下などです。
CFSの治療に関しては、病因が明らかではありません。現在特定の治療が見つかっているわけではなく、抗ウイルス薬や免疫グロブリン、免疫調節剤、ビタミン剤、向精神薬や睡眠導入剤、消炎鎮痛剤を対症療法として使用します。

線維筋痛症と重複している部分もあり、併発してる患者もいます。
が、はっきりとは解明されておりません。
診断を確定するまでには時間が掛かる場合があります。現実には区別できる専門医は少なく、結論が出ないままの場合もあります。治療上は区別できていなくても、両方を念頭に置きながら経過を見ていくしかないのが現状です。ただ膠原病は血液検査と診断基準がはっきりしているので、データが出ればわかりますが、病気が活発でない寛解期にはデータに現れないかもしれません。

戻る

(c)線維筋痛症友の会